ミノキシジルが主成分のAGA治療薬、ロゲイン

ガラスの地球儀と地図 日本で流通している育毛剤では「リアップ」が効果、知名度ともに高いですが、それよりも歴史が古く、海外で有名なのが「ロゲイン」です。
海外製と聞くと安全性が気になるでしょうが、発売元は世界的に有名なアメリカのファイザー製薬なので、信頼できて安全性の高い製品で効果も充分に期待できます。
ロゲインで注目すべき点は、高い発毛効果です。

有効成分であるミノキシジルは、医学的に発毛効果が認められていて、日本で人気のリアップ等にも含まれています。
ロゲインもリアップもミノキシジルの配合率は5%と違いはなく、ドラッグストア等で販売されていて処方箋がいらないという点も同じです。
ミノキシジルという成分は元々は高血圧の治療を目的として開発された成分です。
副作用として頭皮の血行促進や毛髪を増やす発毛・育毛効果があることが判明し、正式にAGA治療薬や育毛剤として製品化されたという背景があります。

ロゲインの使い方は簡単で、頭皮に塗るだけです。
内服薬の育毛剤も販売されていますが、塗るタイプの場合は気になる部分にピンポイントで対応できるというメリットがあります。
海外で製造されている為に日本の薬機法上の「医薬品」「医薬部外品」のどちらにも分類されていません。
ミノキシジルが日本で認められている医薬品の成分であることから、効果や副作用については日本の医薬品と同等であると言えます。

また、ロゲインにはジェネリック医薬品が存在しています。
ジェネリック医薬品は「カークランド」という名称で、ミノキシジルを主成分とした育毛剤で価格も安い為、日本でも人気の高い育毛剤として君臨しています。

購入方法としては、クリニックで処方してもらうか通販サイトでの個人輸入があります。
ただし、ロゲインは前回の購入から規定の期間(1本の場合は1ヶ月)が経過していないと通関不能となってしまい、輸入することができません。
これは最初の購入先と別のところで購入する場合でも適応される為、注意が必要です。

そして、ロゲインの副作用には頭皮のかぶれ・痒み・赤み・ほてり等がありますが、副作用が起こる可能性は非常に低いので安心して使用できます。
しかし、アレルギー体質の人や敏感肌の人は、事前にパッチテストをしておくことをおすすめします。
また、元々が高血圧治療の為に開発された成分なので、血圧の降下作用があります。
ロゲインは効果の高い育毛剤ですが、使用する際にはこれらの事に注意しての使用が大切であると言えます。

ロゲインの効果を発揮する正しい使い方について

ロゲインの使い方は、基本的には一般的な育毛剤と同様に頭皮に塗るだけです。
ただし、有効成分ミノキシジルの濃度を一定に保つために朝と晩の2回の使用を推奨されている点に違いがあります。

なお、ロゲインと同じミノキシジルを主成分としているリアップの場合は臨床試験を実施しています。
52週間にわたる長期投与をしたところ、スタートから12週間が経過した時点では軽度改善が59.2%、不変が40.8%という割合でした。
最終的には著明改善10.0%、中等度改善60.0%、軽度改善24.0%、不変4.0%、悪化2.0%という結果が確認されています。
つまり、使用する期間が長くなるほど効果が確認される割合が上がると共に、その有効性も高まるということが判明しています。

一方、ミノキシジルの発毛促進効果は毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化することによるものと考えられており、ホルモンに対してアプローチするという内容ではありません。
このために、ミノキシジル配合の治療薬は男性ホルモンが変化したDHTが原因で発症するAGAに対して外用療法における第一選択薬として推奨されています。
DHTの影響を強く受ける生え際部分の薄毛よりも河童ハゲなどと呼ばれている頭頂部の薄毛に対しての方が効果を期待できます。

これは、ロゲインだけではなくミノキシジル配合の育毛治療薬全般に該当することで、日本製のリアップやロゲインジェネリックのカークランドに関しても全く同じです。
また、ホルモンに作用しないということで女性の薄毛にも効果的であり、ロゲインではミノキシジル濃度2%のものを「Women’sROGAINE?」として提供しています。
ちなみに、この女性用ロゲインの使い方は、男性用のものと全く同じです。