フィナステリドとミノキシジルの併用がおすすめ!

男性の抜け毛の問題を解決するための手段としてのAGA治療では、一般的にフィナステリドを活用します。
飲み薬としてフィナステリドを定期的に服薬することにより、体質的な問題として生じる抜け毛の問題を改善することができるのです。
このことにより自然に髪の毛がよみがえっていくように感じることができる人も少なくないのですが、本来このフィナステリドには発毛を促進する効果があるわけではありません。
あくまでも抜け毛が少なくなることにより相対的に髪の毛が増えたように感じられると言う仕組みになっています。
薬の飲み方についても毎日定期的に飲み続けることが必要になるため、長期的な服薬が必要になるというのがポイントになります。

一方で育毛のために有効な手段が他に存在しています。
ミノキシジルと呼ばれる成分は発毛や育毛効果を持つことが証明されている成分であり、髪の毛に悩みを持っている男性にとっては有名な存在となっています。
このミノキシジルをフィナステリドと併用することによって発毛促進効果を実感することができるようになるのが大きな魅力です。
このような併用には副作用に注意しながら利用する分には非常に大きな効果が期待できると評判になっています。
薄毛の問題を解決するための手段としては、非常に有効な一手となるでしょう。

AGA治療では一般的にこれらの薬が使われることになります。
特にフィナステリドは男性型脱毛症の症状の改善にとっては非常に重要な役割を果たす薬ですので必須となるのが一般的です。
この薬に加えてミノキシジルはどのように活用していくのかについては医師との相談が有効である場合が少なくありません。
過剰摂取により発毛が促進されると言うわけではありませんので、効果を最大にしながら、デメリットを最小限にすることができるような飲み方を工夫することができるように考えていくことがとても大切になります。
そのバランスは人によって違いますので丁寧に探っていくのが良いでしょう。

フィナステリドとミノキシジル併用時は肝臓に注意

AGA治療に用いられるフィナステリドですが、ミノキシジルとの併用がすすめられています。
フィナステリドとミノキシジルを併用することで、AGAの進行を防ぐ効果や、ミノキシジルがヘアサイクルを改善することによって発毛を促進する効果の、二つのメリットが得られることとなります。

しかし、これらを併用する際には十分な注意が必要です。
それは、どちらの成分も肝臓に大きな負担がかかるということです。
この二つの医薬品だけに言えることではありませんが、代謝される医薬品は肝臓に大きな負担をかけることとなり、脂肪肝や腫瘍などの原因につながる可能性もあるでしょう。

肝機能が低下していたり肝臓の病気を治療中の人は、フィナステリドとミノキシジルの服用はおすすめできません。
服用を検討している場合には、必ず医師に相談したうえ、慎重に判断する必要があります。
また服用中にはアルコールの飲み過ぎなどは控えて、可能な限り肝臓に大きな負担をかけないように気をつけましょう。

またフィナステリドやミノキシジルのタブレットは国内で認可されていないことから、処方されるクリニックは多くはありません。
そのため、個人輸入によって入手されているものが多いと言えるでしょう。
個人輸入には偽造品が大量に混ざっていたり、AGAの治療の育毛効果を得られるばかりか健康を害してしまう可能性もあるので、安易に個人輸入を選択することはやめましょう。

フィナステリドとミノキシジルは併用することによって、単体で服用するよりも高い効果が期待できるのは事実ですが、副作用のリスクもあるものです。
リスクを理解したうえで、飲み方などにも十分に注意し、自分に合った治療を行うようにしましょう。